カメラ

a6400(a6600)のおすすめEマウントレンズ

a6400は2019年の2月に発売され、2021年現在でも人気が高いミラーレスカメラの一つです。

BCNランキングによると2021年1月1日~3月末までのデジタル一眼カメラTOP10でa6400はTOP3に2機種ランクインするほど人気が現在でも高いです。

今回はa6400の魅力を含めて、a6400のおすすめのレンズを紹介していきます。

たく

僕自身、2020年8月にa6400を購入しました。今回は僕が使用しているレンズと今後購入したいレンズやおすすめのレンズを紹介していきます。

a6400とは!?

sonyのミラーレスカメラはaシリーズといわれ、a6000シリーズの中にa6400があります。

a6400以外にa6000・a6100・a6300・a6500・a6600が存在します。

a6400はa6000の下位モデル、a6300の中位モデル、a6500の上位モデルの最新モデルとして2019年2月に発売しました。

おすすめのレンズを紹介する前にa6400の基本情報と魅力について紹介してきます。

a6400の基本情報

a6400 に対する画像結果
スペック
発売日2019年2月22日
価格約10万
センサーサイズAPS-C
画素数/動画サイズ2420万画素/4K (30p)
シャッタースピード1/4000~30秒
感度ISO100~32000
本体の重さ359ℊ
バッテリー量約1時間
その他機能Wi-Fi Bluetooth 瞳AF

a6400の魅力

魅力① AF機能、瞳AF機能 

a6400の最大の魅了は瞳AF(オートフォーカス)機能です。

瞳AF機能はsony独自の機能であり、sonyは他社と比べAF機能がダントツに優れています。

AF機能とは被写体に自動で焦点を合わせ

動く被写体であっても自動で感知する機能です。

特に初心者であればデジタルカメラのフォーカスを合わせるのは容易ではないため

ボケ過ぎてしまうことも多々あります。

よりAF機能の差が出るのが動画撮影です。

動く被写体は写真撮影よりもフォーカス機能が求められるためa6400動画撮影も最適です。

魅力② コスパが良い

・2420万画素/4K対応

・ISO100~32000と高感度

・瞳AF機能

a6400はAmazon調べたところ2021年現在、約10万円でした。

a6400は初心者から上級者まで幅広い方が使用しており、他社の同性能のカメラと比べてもコスパが良いです。

魅力③ 軽量でコンパクトかつ頑丈

a6400の重量は359gでミラーレスカメラの中でも軽くコンパクトなカメラです。

写真や動画の撮影は以外にもカメラの重さによって手に負担がかかるものです。

そのため軽量でコンパクトなのはストレスを無くすことができます。

コンパクトサイズでありながらマグネシウムボディを採用しており、防滴防塵に配慮されているので故障しずらいのもメリットです。

魅力④ バリアングル機能

α6400を購入!開封と作例 | Photo Journal PRESSa6400とa6600はバリアングル機能を採用しています。

180度モニターが反転するため自撮り、YouTube撮影等に便利です。

 
 
↓もっと詳しくa6400について知りたい方は↓

a6400のマウントタイプ

デジタル一眼カメラにはマウントというカメラの種類が存在します。

マウントとは:カメラボディとレンズを接続する部分

カメラメーカーやカメラのセンサーサイズによってマウントのタイプが変わります。

各メーカーのマウントタイプ

一眼(フルサイズ)一眼(APS-C)ミラーレス(フルサイズ)ミラーレス(APS-C)ミラーレス マイクロフォーサーズ
CanonEFEF/EF-SRFEF-M
NikonF(FX)F(FX)(DX)Z(FX)
SONYAAEE
OLYMPUS全て
PanasonicLUMIX SLUMIX G
FUJIFILMX

a6400はミラーレスカメラ(APS-C)でEマウントレンズです。

そもそも、マウントタイプが違うものは接続できないので注意しましょう。

レンズの種類

それではカメラレンズの種類を紹介していきます。

単焦点レンズ

焦点距離が一定で変えることが出来ないが軽量で簡単に撮影できてボケ感を作ることが出来る

ズームレンズ

焦点距離を変えることができる万能なレンズ

単焦点とズームレンズの比較

単焦点レンズズームレンズ
焦点距離一定変更可能
軽さ
大きさ
使用感限定万能
価格安価高価
明るさ・ボケ感強い少ない

単焦点とズームレンズの特徴を上の表にまとめました。

単焦点・ズームレンズはそれぞれ良さがあります。

一般的にレンズを2本買う場合は単焦点とズームレンズの両方を買うことが多いです。

焦点距離の違い

レンズの種類焦点距離画角
広角レンズ34mm以下約60~100度
標準レンズ35~69mm約25~50度
望遠レンズ70mm以上約10~15度

焦点距離によって「広角」「標準」「望遠」に分けることができます。

広角レンズ

焦点距離が34mm以下で被写体が近い物や広範囲の撮影に適している

標準レンズ

焦点距離が35~69mmで肉眼に近い自然な距離感で撮影できるオールマイティなレンズ

望遠レンズ

焦点距離が70mm以上、画角が10~15度で遠い被写体を狭い画角で撮影するレンズ

↓レンズについてもっと知りたい方は↓

a6400のレンズキット

レンズキットとは:カメラとレンズはセットで発売されているもの

 ① パワーズームレンズキット E PZ 16-50mm

E PZ 16-50mm性能
ブランドSONY
レンズタイプズームレンズ
焦点距離(広角側)24mm
焦点距離(望遠側)75mm
F値(広角側)3.5
F値(望遠側)5.6
重量131g
良いポイント

・24mm~75mmと広範囲ズームレンズで万能なレンズ。

・とにかく軽く、軽いのがメリットであるa6400と相性が良い。

・レンズキットなのでとにかく安い、最初の1台におすすめ。

② ダブルズームレンズキット ILCE-6400Y B

①で紹介したパワーズームレンズキット E PZ 16-50mmとSEL55210 F4.5-6.3の2つのレンズがセットになったレンズキットです。

SEL55210 性能
ブランドSONY
レンズタイプズームレンズ
焦点距離(広角側)55mm
焦点距離(望遠側)210mm
F値(広角側)4.5
F値(望遠側)5.6
重量344g
良いポイント

・2つのズームレンズが付いてくる。

・高倍率の望遠レンズは比較的高価であるが、SEL55210はとても安い。

・どのレンズにしようか迷っている方は最初に選ぶのがおすすめ。

単焦点おすすめレンズ

③ SEL35F18

SEL35F18性能
ブランドSONY
レンズタイプ単焦点レンズ
焦点距離35mm
F値1.8
重量154g
良いポイント

・焦点距離が35mmは肉眼に最も近い距離であり、汎用性が高い。

・F値は1.8でとても明るく、簡単にボケ感を作ることができる。

・とも軽く、軽いa6400との相性が抜群で、気軽にカメラを使う時におすすめ。

④ SIGMA 30mm F1.4 DC DN

30mm F1.4 DC DN性能
ブランドSIGMA
レンズタイプ単焦点レンズ
焦点距離30mm
F値1.4
重量265g
良いポイント

・F値が1.4でとても明るく、簡単にボケ感を作れるのが最大の魅力。

・F値が低いレンズは高い傾向にあるが比較的安価。

・焦点距離が30mmで汎用性が高い。

⑤ SIGMA 16mm F1.4 DC DN

16mm F1.4 DC DN性能
ブランドSIGMA
レンズタイプ単焦点レンズ
焦点距離16mm
F値1.4
重量405g
良いポイント

・Eマウントの単焦点の広角レンズを購入するならこのレンズ。

・F値1.4で焦点距離16mm、迫力のあるダイナミックな撮影が可能。

・高性能でこの値段はコスパが良い。

おすすめズームレンズ

⑥ SEL1670Z

SEL1670Z性能
ブランドSONY
レンズタイプズームレンズ
焦点距離(広角側)16mm
焦点距離(望遠側)70mm
F値(広角側)4
F値(望遠側)4
重量308g
良いポイント

・焦点距離が16mmの広角域から70mmの望遠域まで幅広い撮影が可能。

・広角側、望遠側ともにF値が4で固定されているため、撮影がしやすい。

・重量は308gで、広範囲のズームレンズの中では軽い。

⑦ SEL1655G

SEL1655G性能
ブランドSONY
レンズタイプズームレンズ
焦点距離(広角側)16mm
焦点距離(望遠側)55mm
F値(広角側)2.8
F値(望遠側)2.8
重量494g
良いポイント

・広角側、望遠側ともにF値が2.8で固定されているため、撮影しやすい。

・F値が2.8とズームレンズの中ではとても明るくボケ感を簡単に作ることができる。

・焦点距離が16mmから55mmと汎用性が高い。

おすすめ望遠レンズ

⑧ SEL70350G

SEL70350G性能
ブランドSONY
レンズタイプズームレンズ
焦点距離(広角側)70mm
焦点距離(望遠側)350mm
F値(広角側)4.5
F値(望遠側)6.3
重量625g
良いポイント

・使用頻度の高い70mmから超望遠350mmまで幅広い撮影の撮影が可能。

・機動性に優れた軽量・コンパクト。

・光学式手ブレ補正機能の搭載により、幅広い被写体の撮影に適し、さまざまなシーンで手軽に超望遠撮影が楽しめる。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。