動画編集

誰でも分かる動画編集におすすめのパソコンの選び方とスペックについて

動画編集を始めるときの多い悩みに「パソコン選び」があります。

パソコンを選ぶときには…

・動画編集を始めるためにパソコンを購入しないけれど、どれくらいの性能(スペック)が必要なのか

・動画編集ができる安いおすすめのパソコンはないか

・本当に安いパソコンで大丈夫なのか

こういった悩みが出てくると思います。

そこで今回は、動画編集やパソコンに詳しくない方でも分かるように

動画編集におすすめのパソコンの選び方とスペックについて紹介していきます。

たく
たく
僕自身、元より使っていたパソコンのスペックが低く、動画編集のためにデスクトップのパソコンを購入した経緯もあります。また動画変その経緯を基に紹介していきます。

動画編集はパソコン?スマホ?

大前提として、「動画編集はパソコンとスマホどちらで編集するべきか!?」と疑問に思う方もいると思います。

近年では、動画編集ができるスマホアプリも登場し、「動画編集はスマホでいいのではないか!?」という声も耳にします。

結論から言うと

僅かな編集や1分程度で簡単な編集であればスマホ、それ以外はパソコンがあった方が良いです。

一概に「○○だからスマホ」「○○だからパソコン」の定義はありませんが

スマホをおすすめするのは

・TikTokなどの1分程度の細かい編集がない場合

・長時間であるが殆ど編集がない場合

パソコンをすすめるのは

・YouTubeなどの凝った編集がしたい場合

・4Kなど高画質の動画、高負荷の動画や編集技術が必要な場合

・動画編集で副業や仕事をしたい場合

パソコンの種類

パソコンは大きく分けてノートパソコンとデスクトップパソコンに分かれています。

ノートパソコン

ノートパソコンの特徴は…

内臓バッテリーが搭載されていて手軽に持ち運ぶことができ、携帯性が高いです。その反面、持ち運ぶために小型化が重視されているため、デスクトップに比べると同価格帯の性能は劣ります。

デスクトップパソコン

デスクトップパソコンの特徴は…

持ち運びはできませんが、高性能な製品が多く、拡張性があります。またノートパソコンに比べるとコストパフォーマンスが良いです。

たく
たく
個人的には動画編集は金銭、性能、作業時間、画面の大きさからデスクトップのパソコンをおすすめしています。僕自身もノートパソコンからデスクトップパソコンに変更しました。

↓もっとデスクトップのパソコンをおすすめしている理由をしりたい方は

【注意】動画編集にノートパソコンがおすすめできない理由動画編集においてパソコン選びは重要です。その中でノートパソコンはおすすめできません。その理由を紹介していきます。それについて1つずつ紹介していきます。これでデスクトップのパソコンを選ぶこ間違いなしです。...

パソコン購入に必要な専門用語

パソコンを購入する時に困るのが専門用語です。

購入の際に役立つ専門用語を紹介していきます。

CPU

CPUはパソコンを購入する時に考慮したい機能の一つです。

CPUは人間でいう「脳」、パソコン全体の処理能力はCPUで決まると言っても過言ではありません。。

インテルとAMDが有名で、インテルはCore 〇、AMDはRyzen〇という表記になります。

〇には数字が入り数字が大きい程性能は良くなります。

GPU

動画編集などの映像処理では膨大な回数の処理がよく用いられます。

コンピュータの脳であるCPUは様々な命令を並列実行できる半面、一度に実行できる命令は数個から数十個程度に限られています。

GPUはCPUの作業を補い、高速に処理をすることができます。

メモリ

メモリの容量によって、作業スピードや規模が変わってきます。

メモリは通常GBで表示され、数字が大きければ大きい程、同時にさまざまな作業を可能にし、高負荷な作業であっても円滑に作業できます。

ストレージ

ストレージはパソコン内のデータの保存容量を表します。

ストレージの容量が大きい程、保存できる容量は多くなり、データの読み込みや書き込みが高速で可能になります。

動画編集では元の動画を保存するための容量と編集した動画を書き出すのに関わります。

動画編集に必要なパソコンのスペック

次は動画編集に必要なパソコンの性能(スペック)について紹介していきます。

動画編集に必要なパソコンのスペックは「動画編集ソフトで決まる」と言っても過言ではありません。

動画編集ソフトによって最低限必要なパソコンのスペック、推奨スペックがあります。

そのスペックよりも低いパソコンを使うと動画編集ができない場合があります。

そのためパソコンのスペックを決めたい時は使っている動画編集ソフトもしくは今後使いたい動画編集ソフトで決めることをおすすめします。

たく
たく
僕自身、最初のパソコンを使っていた時は処理が間に合わず、パソコンがかなり熱くなって故障寸前になりました。

そこで今回は、有名な動画編集ソフトであるAdobeの「PremiumPro」を基準にスペックを確認していきます。

もし使いたいソフトが決まっていたら公式サイトでチャックすることをオススメします。

「PremiumPro」Windows

最小スペック 推奨スペック
CPU Intel® 第 6 世代以降の CPU、または AMD Ryzen™ 1000 シリーズ以降の CPU
Intel® 第 7 世代以降の CPU、または AMD Ryzen™ 3000 シリーズ以降の CPU
オペレーティングシステム Microsoft Windows 10 Microsoft Windows 10
ハードディスク空き容量
  • 8 GB 以上の空き容量のあるハードディスク。
  • アプリのインストールおよびキャッシュ用に内蔵高速 SSD
メモリ 8 GB の RAM
  • HD メディアの場合は 16 GB の RAM
  • 4K メディア以上の場合は 32 GB
GPU 2 GB の GPU VRAM 4 GB の GPU VRAM

「PremiumPro」Mac OS

最小スペック 推奨スペック
CPU Intel® 第 6 世代以降 CPU Intel® 第 6 世代以降 CPU
オペレーティングシステム macOS v10.14 以降 macOS v10.14 以降
ハードディスク空き容量
  • 8 GB 以上の空き容量のあるハードディスク。
  • アプリのインストールおよびキャッシュ用に内蔵高速 SSD
メモリ 8 GB の RAM
  • HD メディアの場合は 16 GB の RAM
  • 4K メディア以上の場合は 32 GB
GPU※ 2 GB の GPU VRAM 4 GB の GPU VRAM

Adobe「PremiumPro」公式ページに添付されている動作環境情報です。

↓もっと詳しく知りたい方は

Adobe Premiere Pro User Guide

以上のことから

Windows、Mac共に…

CPU:Intel® 第 6 世代以降 GPU:2GB メモリ:8GB

を最低スペックの基準として、それ以上のスペックを購入するべきだと分かります。

・毎年のように新しい高性能なパソコンが発売されるように、動画編集ソフトも日々進化しています。そのため、その時々の動画編集ソフトに合ったパソコンを購入するべきです。

特に気を付けるべきは動画編集におすすめのパソコンを検索した時に古い記事で古いパソコンを紹介しているのは十分に考慮して購入するべきだと感じます。

おすすめの安いパソコン

Windows、Mac共に…

CPU:Intel® 第 6 世代以降 GPU:2GB メモリ:8GB

以上のことを基に安いパソコンをWindows、Macで紹介していきます。

 おすすめパソコン① Smart-Life

Smart-Life

Intel Corei7(第8世代)

8GBメモリー

Windows10

ハードディスク128GB

15.6インチ 1.8Kg

価格5~6万

8

コスパ

5

性能

7

動画編集の適正

おすすめパソコン② MacBook Air2020

MacBook Air2020

Intel Corei3(第10世代)

8GBメモリー

ハードディスク256GB

13.3インチ 1.24Kg

最大12時間バッテーリー

価格10万前後

6

コスパ

7

性能

6

動画編集の適正

おすすめ③ VETESA 2020年秋モデル

VETESA2020秋モデル

Intel Corei7(第8世代)

8GBメモリー

ハードディスク512GB

23.6インチ 5.8Kg

価格約7万

8

コスパ

8

性能

8

動画編集の適正

おすすめ高性能パソコン

動画編集におすすめできる、高性能のパソコンを紹介していきます。

おすすめ④ Surface Laptop 3 13.5インチ

おすすめ⑤ MacBook Pro (13インチ)

MacBook Pro (13インチ)

Intel Corei5(第10世代)

16GBメモリー

ハードディスク256GB

13.3インチ 1.4Kg

価格約20万

6

コスパ

9

性能

8

動画編集の適正

おすすめ⑥ ヒューレットパッカード

ヒューレットパッカード

Intel Corei7(第8世代)

16GBメモリー

ハードディスク512GB

31.5インチ

価格20~30万

8

コスパ

9

性能

9

動画編集の適正

 

おまけ

最後におまけで僕が動画編集で使ってきたパソコンを紹介していきます。

動画編集を始めてからはパソコンを2つ使っています。

動画編集を始めた時はノートパソコンを使っていました。

最初のパソコンはSurface Pro4を使用していました。

SurfaceProはマイクロソフトの製品で

タブレットにもなるのが一番の特徴でパソコンの中でも小型のタイプです。

スペックは…

CPU:Intel Core i5

メモリー:4G

ハードディスク:128GB

OS:Windows 10

12.3インチ 786ℊ

このパソコンで1年程、動画編集をしていました。

しかし、このパソコンのスペックでは限りがあり、

単純な編集や画質の悪い動画しか編集できませんでした。

そのため、高度の動画編集をしたいと思いデスクトップのパソコンを購入しました。

G-GEAR GA7J-E193T/CP1

スペックは…

CPU:Intel Core i7

メモリー:16G

ハードディスク:500GB 外付けディスク1T

OS:Windows 10

マウス、キーボード、モニターを除いて約20万しました。

その後、マウス、キーボード、モニターを購入して約25万程度でした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。