動画編集

【Premiere Pro】メディア、動画のリンク切れの対処法と事前準備

動画編集するときにメディア、リンク切れは誰もが通るの道ではないでしょうか!?

動画編集をしていると突然リンクや動画が消えることが多々あると思います

そこで今回は動画編集ソフト「Premiere Pro」で

突然、動画やメディアリンクが消えた時の対処法と事前に準備しておくべきことを紹介していきます。

 

本記事で分かること

「Premiere Pro」のリンク切れの対処方法

リンクが切れる原因

リンク切れ、動画が消えないための事前準備について

 

「Premiere Pro」のリンク切れとは!?

動画編集ソフト「Premiere Pro」で動画編集していると

ある日突然、上の画像のように赤い画面でメディアオフラインと表示されることがあります。

これは「Premiere Pro」上から取り込んだ動画が紛失した場合に表示されます。

 

動画、メディアリンク切れの原因

メディアリンクが切れる原因は2つあります。

・取り込んだ元のファイルが移動した場合

・取り込んだ元のファイルをパソコン上から削除した場合

そもそも、「Premiere Pro」に動画を入れると

その動画は「Premiere Pro」に保存されるのではなく

メディアリンクでパソコンと連携して動画を読み取っています。

そのため、最初に読み取った保存先から動画が移動、削除されると

「Premiere Pro」との連携が途切れてリンクが切れた状態になります。

 

「Premiere Pro」のリンク切れの対処方法

次にリンクが切れた場合の対処方法を紹介していきます。

・取り込んだ元のファイルが移動した場合

・取り込んだ元のファイルをパソコン上から削除した場合

まずは取り込んだ元のファイルが違うファイルに指導した場合の対処法を説明していきます。

まずは動画を右クリックして

「メディアをリンク」を選択します。

選択するとメディアが表示されます。

右下の「検索」をクリックします。

「Premiere Pro」でパソコンのファイルデータから取り込んだデータを検索できます。

選択して検索することもできますが

移動しただけの場合、名前が変更していない可能性が高いため

「名前が完全に一致するものだけを表示」で簡単に探し出すこともできます。

見つけたら「OK」を選択します。

無事に見つけることができました。

 

 

・取り込んだ元のファイルが移動した場合

・取り込んだ元のファイルをパソコン上から削除した場合

先ほど挙げた原因の一つである、パソコン上から削除した場合は「Premiere Pro」上に保存されていないため、対処法はありません。

そのため、削除しないための事前準備が必要です。

 

メディアをリンク切れ対策と事前準備

パソコン上の動画を削除してしまうと「Premiere Pro」の動画は復活できません。

そこで、リンク切れの事前対策をおすすめします。

・可能であれば同じ動画をパソコン上に2つ保存する。

・同じファイルに動画を保存する。

・USBからの読み込みは避ける。

おすすめの対策方法としては

まず、動画編集用のファイルを作成して可能であればファイルを2つ作成して動画を2つ保存します。必ず避けたいのはUSBなどの外部データから読み込むのは避けましょう。外部データの接続が切れるとリンクが切れてしまうのでまずはパソコンに入れることをおすすめします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。