GoPro

今年は2種類、GoProHERO11Blackが9月14日に発売、気になる性能・価格を解説

GoProは世界中で愛されているアクションカメラです。

日本のアクションカメラのシェア率でもGoProが70%と圧倒的な人気です。

毎年、9月、10月に新作が発表され、2022年はGoPro HERO11 Blackが9月14日に発表となりました。

また毎年発売しているHEROシリーズだけでなく、よりコンパクトで軽量化したGoPro HERO11 Black Miniが10月25日に発売することが発表されました。

そこで、今回はGoPro HERO11 Blackの価格や性能を紹介していきます。

GoPro HERO 11 Blackが2022年9月14日に発売決定!!

引用:GoPro公式

GoPro HERO11 Blackが2022年9月14日にYouTubeの公式チャンネルから発売の発表がありました。

また、2022年10月25日にGoPro HERO11 Black Miniの発売が発表されました。

今回は毎年発売しているHEROシリーズだけでなく、よりコンパクトで軽量化したMiniにも注目が浴びています。

過去作の発売日

GoPro発売日
GoPro HERO 102021年9月16日
GoPro HERO 92020年9月16日
GoPro MAX 2019年10月25日
GoPro HERO 82019年10月1日
GoPro HERO 72018年9月27日
GoPro HERO 62017年9月29日

GoPro HERO11の公式価格

サイドバーでクエリ検索
引用:GoPro公式

  • GoPro HERO11 Black の商品希望価格は72,000円
  • GoPro HERO11 Black Miniの商品希望価格は48,000円

GoProHEROシリーズは徐々に値上がりしており、HERO10に比べると8000円値上がりしています。

Miniを発売して値段と用途で差別化を図った様子。

過去作の値段

GoPro価格
GoPro HERO 1064,000円
GoPro HERO 964,000円
GoPro MAX61,000円
GoPro HERO 850,800円
GoPro HERO 753,460円
GoPro HERO 659,000円

GoPro HERO11 Blackのスペック(性能)

引用:GoPro公式

今回は既に発売されたGoPro HERO11 Blackの性能紹介を紹介していきます。

スペック表

HERO11
寸法・重量
寸法幅71.8x高さ50.8x奥行き33.6(mm)
重量 (カメラ + バッテリー)未記載
バッテリー低温環境対応Enduroバッテリー付属
マイク3.5mmオーディオマイク入力
3マイク処理
前面スクリーン1.4インチカラーLCD
背面スクリーンリアタッチスクリーン
スペック(性能)
プロセッサーGP2
イメージセンサー新型イメージセンサー搭載
カラー8ビット + 10ビットカラー
レンズ画角HyperView、SuperView、広角、リニア、リニア + 水平ロック
写真最高画素数27.13MP
ビデオ最高画素数5.3K60fps
5.3K撮影HyperViewレンズ:30.24fps
SuperViewレンズ60.30.24fps etc.
4K撮影HyperViewレンズ:60.30.24fps
SuperViewレンズ120.60.30.24fps etc.
2.7K撮影SuperViewレンズ:120.60fps
広角レンズ:240.120.60fps etc.
スローモーション最大8倍(2.7Kor1080p)
ビデオ手振れ補正HyperSmooth 5.0
レンズ画角HyperView、SuperView、広角、リニア、リニア + 水平ロック
アスペクト比16:9、4:3、8:7
水深耐久性10m
タイムワープビデオTimeWarp 3.0
タイマー機能
タイムラプス機能
顔と笑顔の検出機能
HindSight機能
PTProtune機能
ボイスコントロール機能
Webカメラモード
デュレーションキャプチャー機能
スケジュールキャプチャー機能
その他
GPS機能
Wi-Fi + Bluetooth
Quikアプリへの接続
出力HDMI出力

新型イメージセンサー搭載

引用:GoPro公式

GoPro HERO11 BlackはHERO10から外観に大きな変化はありませんでした。

しかし、カメラ内部のイメージセンサーが進化し、8×7のアスペクト比の新型イメージセンサーに変更しました。

アスペクト比の変更は8:7に加え、16:9、4:3の用途に合わせて変更することができます。

イメージセンサーが進化したことにより、有効画素数がHERO10の2300万画素から2713万画素に向上しました。

手振れ補正がHyperSmooth5.0に進化

引用:GoPro公式

GoProの最大の魅力はあらゆる環境に適応できる撮影機能で、超強力な手振れ機能がそれを支えています。

従来のGoProでも満足のできる手振れ機能でしたが、HERO10のHyperSmooth4.0から5.0に進化しました。

HyperSmooth5.0がカメラ内ビデオブレ補正機能をよりレベルアップして、どんなに揺れの大きい状況でも驚くほど安定したコンテンツを撮影できます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。