GoProHERO12・次期モデルの予想・発売日は9月13日、公式予約は9月6日 MAX情報と歴代発売日も

アクションカメラの代表格「GoPro」。

毎年、新しいモデルは発表・発売されており、現在はGoPro11まで進化を続けています。

毎年発売されているため、値段や性能も様々です。

カメラ好きとしては、次期モデルがどのように進化するのか予想や妄想、リーク情報が気になるものです。

そこで今回は、2023年に発売されるGoProの予想や妄想、リーク情報をまとめていきます。

〇本記事で分かること 
・GoPro歴代の発売日
・HERO12の予想・リーク情報
・GoProMAX2について
 
 
 
 

HERO12の発売日は9月13日、公式は9月6日に予約開始

引用:GoPro公式

発売日GoPro
GoProHERO122023年9月13日
GoProHERO11Mini2022年10月25日
GoProHERO112022年9月14日
GoProHERO102021年9月16日
GoProHERO92020年9月16日
GoProMAX2019年10月25日

GoProHERO12の発売日は2023年9月13日です。

公式サイトでは9月6日から予約開始します。

 

毎年、9月中旬に発売しており、今年も9月中旬に発表となりました。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大3%アップ!/
Yahooショッピング

9月6日YouTubeのGoPro公式よりHERO12の性能・PV配信

9月6日10時にYouTubeのGoPro公式よりHERO12の性能について配信がありました。

今年は日本語音声があり、とても分かりやすかったので、気になる方は参考に見てみましょう。

GoProHERO12の性能・HERO11との変化点、比較

HERO12・HERO11性能 比較表

HERO12HERO11
価格
発売価格62,800円62,000円
寸法・重量
寸法幅71.8x高さ50.8x奥行き33.6(mm)
重量 (カメラ + バッテリー)154g
レンズ口径F2.5
バッテリー低温環境対応Enduroバッテリー付属
マイク3マイク処理
3つのマイク
ステレオオーディオ
WAV形式
前面スクリーン1.4インチカラーLCD
背面スクリーン2.27インチタッチLCD
スペック(性能)
プロセッサーGP2
カメラタイプHERO (シングルレンズ)
イメージセンサー1/1.9インチCMOS
27.6MPの有効画素数
(5599×4927)
カラー8ビットカラー
4K以上:10ビットカラー
35mm相当の焦点距離最小=12mm、最大=39mm
レンズ画角HyperView、SuperView、広角、リニア、リニア + 水平ロック
写真最高画素数27.13MP
バッテリー時間5.3K60撮影:最大70分
1080P撮影:最大155分
5.3K60撮影:最大35分
1080P撮影:最大80分
トップビデオモード5.3K: 8:7 (5312×4648)
5.3K: 16:9 (5312×2988) 
5.3K: 8:7 (5312×4648)
5.3K: 4:3 (5312×3984)
5.3K:16:9 (5312×2988) 
ビデオの解像度 / FPSの概要5.3K (8:7) @30/25/24fps
5.3K (16:9) @60/50/30/25/24fps
4K (8:7) @60/50/30/25/24fps
4K (9:16) @60/50/30/25fps
4K (16:9) @120/100/60/50/30/25/24fps
2.7K (4:3) @120/100/60/50fps
2.7K (16:9) @240/200fps
1080 (9:16) @60/50/30/25fps
1080p (16:9) @240/200/120/100/60/50/30/25/24fps
5.3K (8:7) @30/25/24fps
5.3K (4:3) @30/25/24fps
5.3K (16:9) @60/50/30/25/24fps
4K (8:7) @60/50fps
4K (4:3) @60/50/30/25/24fps
4K (16:9) @120/100/60/50/30/25/24fps
2.7K (4:3) @120/100/60/50fps
2.7K (16:9) @240/200/120/100/60/50fps
1080p (16:9) @240/200/120/100/60/50/30/25/24fps
HDRビデオ5.3K (16:9) 30/25/24fps
4K (8:7) 30/25/24fps
4K (16:9) 60/50/30/25/24fps
×
スローモーション最大8倍(2.7Kor1080p)
手振れ補正HyperSmooth 6.0HyperSmooth 5.0
アスペクト比16:9、9:16、4:3、8:716:9、4:3、8:7
水深耐久性10m
ボイスコントロール14種のコマンド
11言語 (6つのアクセント含む)
画面上のショートカットカスタマイズ可能
タイムワープビデオTimeWarp 3.0
タイムコード同期×
タイムラプス機能最大5.3K
顔と笑顔の検出機能
HindSight機能
PTProtune機能
Webカメラモード最大1080p30
ZOOM最大2倍
デュレーションキャプチャー機能
スケジュールキャプチャー機能
その他
GPS機能×GPS、GLONASS、GALILEO
Wi-Fi2.4GHz
5GHz
Bluetooth
Quikアプリへの接続
リモートコントロールThe Remote (ザ リモート)
防水リモートシャッター
Volta
Quikアプリ
The Remote (ザ リモート)
Volta
Quikアプリ
エコシステムサポート
出力HDMI出力
コネクターUSB-C
SDカードV30またはUHS-3以上のmicroSD™ x1
充電時間約3時間 (1A / 5W)
急速充電約3時間 (1A / 5W)
動作温度-10º C – 35º C

変化点を一つずつ紹介していきます。

価格

HERO12HERO11
発売価格62,800円62,000円
現在価格62,800円54,800円

ドルと円では為替の影響もありますが、HERO12とHERO11では発売時の値段に大きな変化はなく、HERO12は62,800円です。

HERO11は1年経過し、公式価格で54,800円まで低下していました。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大3%アップ!/
Yahooショッピング

バッテリー時間が最大2倍

HERO12HERO11
バッテリー時間5.3K60撮影:最大70分
1080P撮影:最大155分
5.3K60撮影:最大35分
1080P撮影:最大80分

電源管理機能の見直し、処理効率化を図り、低温環境でも長時間の撮影が可能になりました。

FPS機能の向上

HERO12HERO11
ビデオの解像度 / FPSの概要5.3K (8:7) @30/25/24fps
5.3K (16:9) @60/50/30/25/24fps
4K (8:7) @60/50/30/25/24fps
4K (9:16) @60/50/30/25fps
4K (16:9) @120/100/60/50/30/25/24fps
2.7K (4:3) @120/100/60/50fps
2.7K (16:9) @240/200fps
1080 (9:16) @60/50/30/25fps
1080p (16:9) @240/200/120/100/60/50/30/25/24fps
5.3K (8:7) @30/25/24fps
5.3K (4:3) @30/25/24fps
5.3K (16:9) @60/50/30/25/24fps
4K (8:7) @60/50fps
4K (4:3) @60/50/30/25/24fps
4K (16:9) @120/100/60/50/30/25/24fps
2.7K (4:3) @120/100/60/50fps
2.7K (16:9) @240/200/120/100/60/50fps
1080p (16:9) @240/200/120/100/60/50/30/25/24fps

ビデオの通常撮影のFPSが一部向上しました。

また、HERO12からアスペクト比9:16が追加となりました。スマートフォン形状の縦のアスペクト比です。

撮影中に変更可能で、撮影がより楽になりました。

HDR Video新搭載

HERO12HERO11
HDRビデオ5.3K (16:9) 30/25/24fps
4K (8:7) 30/25/24fps
4K (16:9) 60/50/30/25/24fps
×

HERO12より新搭載されたHDR VIDEO。

複数の動画を合成し、暗所と明所をコントロールし、白飛びや黒つぶれを減少してより鮮やかな撮影が可能となりました。

HDRVIDEOは4K以上の高画質の撮影で可能です。

外観・見た目が殆ど変化なし

HERO12HERO11
寸法・重量
寸法幅71.8x高さ50.8x奥行き33.6(mm)
重量 (カメラ + バッテリー)154g
レンズ口径F2.5
バッテリー低温環境対応Enduroバッテリー付属
マイク3マイク処理
3つのマイク
ステレオオーディオ
WAV形式
前面スクリーン1.4インチカラーLCD
背面スクリーン2.27インチタッチLCD

見た目上の変化は殆どありません。

GoProHERO10から殆ど変化がないため、アクセサリーを併用することが可能です。

性能変化まとめ

・価格は62,800円と前作HERO11の発売時と同様な値段。
処理効率や電源機能の向上によりバッテリー時間が最大2倍。
HDRVideoが新搭載され、暗所と明所の白飛びや黒つぶれを減少。
・手振れ機能が毎年のように向上。
・タイムコード同期機能で複数のGoProを同期し、編集が楽に。
Bluetooth Audio Support機能でワイヤレスイヤホンと連携し、音声を遠隔で入力、ボイスコントロールで電源を入れることや録画を開始することが可能に。
・写真性能の大きな変化なし。
・外観・見た目の変化なし。
 

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大3%アップ!/
Yahooショッピング

GoProMAX2の発売は今年あるか

引用:GoPro公式

発売日GoPro
GoProMAX2019年10月25日

360°撮影が可能なGoProMAX

GoProMAXの発売は2019年と約4年経過しています。

当時、360°カメラという概念がなく、話題性や衝撃を与えました。

しかし、発売から4年経過してInsta360やSONYなど他社メーカーの360°カメラの対当もありGoProMAXの価値やオリジナリティが低下しているように感じています。

ここ数年、GoProMAX2の期待や予想などの噂話も挙がっていますが、今年の何かしらの展開があることを心から願っています。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大3%アップ!/
Yahooショッピング
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大3%アップ!/
Yahooショッピング
GoPro(ゴープロ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大3%アップ!/
Yahooショッピング

まとめ

〇まとめ
・GoProHEROシリーズは毎年発売しており、今年もHERO12の発売が9月第2週に予想される。
・2022年の昨年は、通常シリーズに加え「Mini」が発売され、今年も発売される可能性もある。
・2023年はGoProMAXの発売にも期待をしたい。発売から約4年経過しており、新作の発売を期待したい。
・2023年のリーク情報は未だ発表されていないため、確認したい。
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大3%アップ!/
Yahooショッピング

最新情報をチェックしよう!
>「旅カメラblog」旅とカメラをテーマに素敵な話題を皆様に

「旅カメラblog」旅とカメラをテーマに素敵な話題を皆様に

本ブログは旅とカメラをテーマに楽しく素敵な話題を取り上げていきます。趣味を全力に趣味を楽しく!!