GoPro

【2023年最新】GoProおすすめ機種・新型製品と性能

2023年、新しいアクションカメラを購入したい方におすすめしたいのが「GoPro」です。

GoProは世界中で人気のアクションカメラです。

世界100ヵ国以上で2,600万台を超える売り上げを出しています。

日本国内でも人気は著しく、2022年アクションカメラの国内シェアの70%を占めています。

GoProは毎年新商品が発売されており、値段や機能も様々です。

そこで今回は2023年におすすめしたい機種を紹介していきます。

『初めてGoProを買いたい』『専門的な知識がない、どの機種を買っていいか分からない』そんな方でも分かるように基本的な情報から専門的な部分までじっくりと説明していきます。

本記事を読んで分かること

●GoProとは!?

2023年の新機種情報

●2023年おすすめのGoPro

GoProとは!?

GoProは創設者ニック・ウッドマンが小型ビデオカメラでアウトドアスポーツを自ら簡単に撮影したい願望から開発されたアクションカメラです。

簡単ではありますが、アクションカメラGoProの魅力について紹介していきます。

魅力① 撮影場所を選ばない

GoProなどのアクションカメラの最大の魅力はどんな撮影場所でも適応できることです。

スマートフォンや高性能カメラにはない防水機能と頑丈さを備えています。

そのため、激しい動きや水中での撮影において右に出るカメラはありません。

魅力② 高性能手ぶれ補正

GoProの激しい動きの撮影を可能にしているのはカメラに内臓されている高性能の手ぶれ補正です。

スマートフォンや高性能なカメラであっても、スポーツなどの激しい動きにカメラの手ブレは対応できず、映像に酔ってしまうほどブレブレの動画になります。

GoProにはHyperSmoothという手ブレ補正機能が備わっています。

HyperSmooth機能は協力な安定機能でジンバルのような安定化機能でよりスムーズなビデオ撮影が可能になります。

高性能な手ブレ補正があるので、気にせず簡単に高度な動画が撮影できるのが魅力です。

魅力③ フレームレートの選択肢が多い

最新作のGoProHERO11のフレームレートは24fps~240fpsと幅広いフレームレートを使用することができます。

HERO11は8倍スローモーションまで撮影することができます。

【そもそもfpsとは!?】

fpsとは…動画は無数の画像が重なることで数秒、数分の動画になります。fps(フレームレート)とは、1秒間に何枚の画像が構成されているかを表す単位のことです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Travelogue-YouTube-Thumbnail-13-1024x576.png
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Travelogue-YouTube-Thumbnail-14-1024x576.png

fpsが低くければ低いほど、パラパラ漫画のようにカクカクした動画になります。

一般的に映画撮影は24fps、日本のテレビは30fps、120、240fpsはスローモーション動画に使用されることが多く、スポーツやアクションカメラ撮影時に使用されることが多いです。

魅力④ 一人称視点での撮影

高性能なカメラやミラーレスカメラでの撮影では三人称視点が基本です。

GoProはカメラを体に装着して両手がフリーな状態で一人称視点での撮影が可能です。

そのため、迫力や臨場感のある撮影ができるのも魅力の一つです。

2023年新機種情報

GoProは毎年、9月に新作発表があります。

2022年には9月14日にGoProHERO11Black、10月25日にはGoProHERO11BlackMiniが発売しました。

2023年はまだ新作は発売されていません。

過去作の発売日

発売日GoPro
GoProHERO11Mini2022年10月25日
GoProHERO112022年9月14日
GoProHERO102021年9月16日
GoProHERO92020年9月16日
GoProMAX2019年10月25日
GoProHERO82019年10月1日

おすすめGoPro機種と比較

2023年におすすめするGoPro機種を紹介していきます。

おすすめ① GoProHERO11Black

引用:GoPro公式
HERO11
価格
公式価格72,000円
通販価格約72,000円
寸法・重量
寸法幅71.8x高さ50.8x奥行き33.6(mm)
重量 (カメラ + バッテリー)154g
バッテリー低温環境対応Enduroバッテリー付属
マイク3.5mmオーディオマイク入力
3マイク処理
前面スクリーン1.4インチカラーLCD
背面スクリーンリアタッチスクリーン
スペック(性能)
プロセッサーGP2
イメージセンサー新型イメージセンサー搭載
カラー8ビット + 10ビットカラー
レンズ画角HyperView、SuperView、広角、リニア、リニア + 水平ロック
写真最高画素数27.13MP
ビデオ最高画素数5.3K60fps
5.3K撮影HyperViewレンズ:30.24fps
SuperViewレンズ60.30.24fps etc.
4K撮影HyperViewレンズ:60.30.24fps
SuperViewレンズ120.60.30.24fps etc.
スローモーション最大8倍(2.7Kor1080p)
ビデオ手振れ補正HyperSmooth 5.0
レンズ画角HyperView、SuperView、広角、リニア、リニア + 水平ロック
アスペクト比16:9、4:3、8:7
水深耐久性10m

GoPro11の特徴

●毎年発売しているHEROシリーズの最新作。

●HERO10からアップグレードされたGP2搭載し、性能全体が向上している。

●イメージセンサーが新搭載され、8:7のアスペクト比が追加された。

●静止画像の有効画素数が2700万画素に変更し、写真性能が向上。

●35㎜換算で12㎜のHyperViewが新搭載され、より広角な動画撮影が可能となった。

HyperSmooth5.0に強化され手振れ機能の向上。

●ビットカラーが10ビットへ変更し10億色まで表現可能。

●付属バッテリーが低温環境対応Enduroバッテリーへ変更。長時間の撮影と低温環境でも撮影が可能に。

おすすめ② GoProHERO11BlackMini

引用:GoPro公式
HERO10
価格
発売価格64,000円
通販価格約55,000円
寸法・重量
寸法幅52.4x高さ51.2x奥行き33.6(㎜)
重量 (カメラ + バッテリー)133g
バッテリーEnduroバッテリー内臓
マイク3.5mmオーディオマイク入力
前面スクリーンなし
背面スクリーンなし
スペック(性能)
プロセッサーGP2
イメージセンサー1/1.9インチ新型イメージセンサー搭載
カラー10ビットカラー
レンズ画角HyperView、SuperView、広角、リニア、リニア + 水平ロック
写真最高画素数なし
ビデオ最高画素数5.3K60fps
5.3K撮影HyperViewレンズ:30.24fps
SuperViewレンズ60.30.24fps etc.
4K撮影HyperViewレンズ:60.30.24fps
SuperViewレンズ120.60.30.24fps etc.
2.7K撮影SuperViewレンズ:120.60fps
広角レンズ:240.120.60fps etc.
スローモーション最大8倍(2.7Kor1080p)
手振れ補正HyperSmooth 5.0
アスペクト比16:9、4:3、8:7
水深耐久性10m

GoProHERO11Miniの特徴

●HERO11を軽量、コンパクトにしたMini。

●モニターを無くし、バッテリーが内蔵となり、従来のGoProとは一味違うのが特徴。

●最新HERO11より安価で購入できるのが魅力。

●性能面はHERO11と殆ど変わりなく、デメリットとしては写真機能がない程度です。

おすすめ③ GoProHERO10Black

引用:GoPro公式
HERO10
価格
発売価格71,000円
通販価格約55,000円
寸法・重量
寸法幅71.8x高さ50.8x奥行き33.6(mm)
重量 (カメラ + バッテリー)153g
バッテリー1720mAhリチウムイオンバッテリー付属
マイク3.5mmオーディオマイク入力
3マイク処理
前面スクリーン1.4インチカラーLCD
背面スクリーンリアタッチスクリーン
スペック(性能)
プロセッサーGP2
イメージセンサー従来イメージセンサー
カラー8ビットカラー
レンズ画角SuperView、広角、リニア、リニア + 水平ロック
写真最高画素数23MP
ビデオ最高画素数5.3K60fps
5.3K撮影広角:60.30.24fps
リニア:60.30.24fps etc.
4K撮影広角:120.60.30.24fps
SuperView:60.30.24fps etc.
2.7K撮影SuperView:120.60fps
広角:240.120.60fps etc.
スローモーション最大8倍(2.7Kor1080p)
手振れ補正HyperSmooth 4.0
アスペクト比16:9、4:3
水深耐久性10m

GoPro10の機能まとめ

●2021年で発売された現在でも十分な高性能を誇るアクションカメラ。

● HERO9から「GP1」プロセッサから「GP2」へ進化し、性能全体が向上。

●HERO9から「20MP(万画素)」から「23MP」に変更し、写真性能が向上。

● HERO9から動画画質は最大5Kから最大5.3Kに向上。

● 4K動画は60fpsから120fps 、 2.7K動画は120fpsから240fpsに向上。より高画質のスローモーション映像の撮影が可能に。

HyperSmooth4.0に強化され手振れ機能。HyperSmooth5.0に負けず劣らず十分すぎる性能。

●発売から約2年が経過したため、値引きされているのでコストパフォーマンスが良い。

おすすめ④ GoProMAX

引用:GoPro公式
HERO10
価格
発売価格67,000円
通販価格約55,000円
寸法・重量
寸法幅64x高さ69x奥行き25(mm)
重量 (カメラ + バッテリー)154g
バッテリー1720mAhリチウムイオンバッテリー付属
マイク3.5mmオーディオマイク入力
3マイク処理
前面スクリーンなし
背面スクリーンリアタッチスクリーン
スペック(性能)
プロセッサーGP1
イメージセンサー従来イメージセンサー
カラー8ビットカラー
レンズ画角SuperView、広角、リニア、リニア + 水平ロック
写真最高画素数23MP
1440p撮影SuperView:60.30.24fps
広角:60.30.24fps etc.
1080p撮影SuperView:60.30.24fps
広角:60.30.24fps etc.
スローモーション最大2倍
手振れ補正MAX HyperSmooth
アスペクト比16:9、4:3
水深耐久性5m

GoProMAXの特徴

●2019年に発売された、360°撮影できるカメラ。

●発売されて約2年経過しているため、値下げされており360°カメラがほしいなら買い時。

●動画や写真の撮影は基本的に360°での撮影に性能寄せており、HEROモードの性能はかなり劣ってしまう。

●結論360°カメラで殆ど撮影するならGoProMAXがおすすめだが、HEROモードが中心で360°モードも撮影したい場合は検討が必要。

created by Rinker
GoPro(ゴープロ)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です