GoProHERO12とHERO11比較・性能の変化・愛用者の感想

  • 2023年9月7日
  • 2023年9月12日
  • GoPro
  • 2268view

アクションカメラのトップブランド「GoPro」。

毎年秋に、新しいモデルは発表・発売されており、2023年には『GoProHERO12 Black』が発売しました。

そこで今回は、GoPro12の発売日、性能、GoPro11からの変化点・比較も紹介していきます。

 
たく
GoProHERO10Blackから愛用しており、毎年購入しています。GoPro愛用者(カジュアル層)の率直な発売後の感想を従来モデルと比較して紹介していきます。

本記事で分かること
・GoProHERO12の基本情報
・GoProHERO12の性能・11との変化点、比較
・GoProHERO12発表後の個人的な感想・本音

HERO12の発売日は9月13日、公式は9月6日に予約開始

引用:GoPro公式

発売日GoPro
GoProHERO122023年9月13日
GoProHERO11Mini2022年10月25日
GoProHERO112022年9月14日
GoProHERO102021年9月16日
GoProHERO92020年9月16日
GoProMAX2019年10月25日

GoProHERO12の発売日は2023年9月13日です。

公式サイトでは9月6日から予約開始します。

毎年、9月中旬に発売しており、今年も9月中旬に発表となりました。

9月6日YouTubeのGoPro公式よりHERO12の性能・PV配信

9月6日10時にYouTubeのGoPro公式よりHERO12の性能について配信がありました。

今年は日本語音声があり、とても分かりやすかったので、気になる方は参考に見てみましょう。

GoProHERO12の性能・HERO11との変化点、比較

HERO12・HERO11性能 比較表

変化点を一つずつ紹介していきます。

HERO12HERO11
価格
発売価格62,800円62,000円
寸法・重量
寸法幅71.8x高さ50.8x奥行き33.6(mm)
重量 (カメラ + バッテリー)154g
レンズ口径F2.5
バッテリー低温環境対応Enduroバッテリー付属
マイク3マイク処理
3つのマイク
ステレオオーディオ
WAV形式
前面スクリーン1.4インチカラーLCD
背面スクリーン2.27インチタッチLCD
スペック(性能)
プロセッサーGP2
カメラタイプHERO (シングルレンズ)
イメージセンサー1/1.9インチCMOS
27.6MPの有効画素数
(5599×4927)
カラー8ビットカラー
4K以上:10ビットカラー
35mm相当の焦点距離最小=12mm、最大=39mm
レンズ画角HyperView、SuperView、広角、リニア、リニア + 水平ロック
写真最高画素数27.13MP
バッテリー時間5.3K60撮影:最大70分
1080P撮影:最大155分
5.3K60撮影:最大35分
1080P撮影:最大80分
トップビデオモード5.3K: 8:7 (5312×4648)
5.3K: 16:9 (5312×2988) 
5.3K: 8:7 (5312×4648)
5.3K: 4:3 (5312×3984)
5.3K:16:9 (5312×2988) 
ビデオの解像度 / FPSの概要5.3K (8:7) @30/25/24fps
5.3K (16:9) @60/50/30/25/24fps
4K (8:7) @60/50/30/25/24fps
4K (9:16) @60/50/30/25fps
4K (16:9) @120/100/60/50/30/25/24fps
2.7K (4:3) @120/100/60/50fps
2.7K (16:9) @240/200fps
1080 (9:16) @60/50/30/25fps
1080p (16:9) @240/200/120/100/60/50/30/25/24fps
5.3K (8:7) @30/25/24fps
5.3K (4:3) @30/25/24fps
5.3K (16:9) @60/50/30/25/24fps
4K (8:7) @60/50fps
4K (4:3) @60/50/30/25/24fps
4K (16:9) @120/100/60/50/30/25/24fps
2.7K (4:3) @120/100/60/50fps
2.7K (16:9) @240/200/120/100/60/50fps
1080p (16:9) @240/200/120/100/60/50/30/25/24fps
HDRビデオ5.3K (16:9) 30/25/24fps
4K (8:7) 30/25/24fps
4K (16:9) 60/50/30/25/24fps
×
写真モード標準の写真、バーストフォト、ナイトフォト
写真の出力SuperPhoto、HDR、標準RAW
スローモーション最大8倍(2.7Kor1080p)
手振れ補正HyperSmooth 6.0HyperSmooth 5.0
アスペクト比16:9、9:16、4:3、8:716:9、4:3、8:7
水深耐久性10m
ボイスコントロール14種のコマンド
11言語 (6つのアクセント含む)
画面上のショートカットカスタマイズ可能
タイムワープビデオTimeWarp 3.0
タイムコード同期×
タイムラプス機能最大5.3K
顔と笑顔の検出機能
HindSight機能
PTProtune機能
Webカメラモード最大1080p30
ZOOM最大2倍
デュレーションキャプチャー機能
スケジュールキャプチャー機能
その他
GPS機能×GPS、GLONASS、GALILEO
Wi-Fi2.4GHz
5GHz
Bluetooth
Quikアプリへの接続
リモートコントロールThe Remote (ザ リモート)
防水リモートシャッター
Volta
Quikアプリ
The Remote (ザ リモート)
Volta
Quikアプリ
エコシステムサポート
出力HDMI出力
コネクターUSB-C
SDカードV30またはUHS-3以上のmicroSD™ x1
充電時間約3時間 (1A / 5W)
急速充電約3時間 (1A / 5W)
動作温度-10º C – 35º C

価格

HERO12HERO11
発売価格62,800円62,000円
現在価格62,800円54,800円

ドルと円では為替の影響もありますが、HERO12とHERO11では発売時の値段に大きな変化はなく、HERO12は62,800円です。

HERO11は1年経過し、公式価格で54,800円まで低下していました。

バッテリー時間が最大2倍

HERO12HERO11
バッテリー時間5.3K60撮影:最大70分
1080P撮影:最大155分
5.3K60撮影:最大35分
1080P撮影:最大80分

電源管理機能の見直し、処理効率化を図り、低温環境でも長時間の撮影が可能になりました。

FPS機能の向上

HERO12HERO11
ビデオの解像度 / FPSの概要5.3K (8:7) @30/25/24fps
5.3K (16:9) @60/50/30/25/24fps
4K (8:7) @60/50/30/25/24fps
4K (9:16) @60/50/30/25fps
4K (16:9) @120/100/60/50/30/25/24fps
2.7K (4:3) @120/100/60/50fps
2.7K (16:9) @240/200fps
1080 (9:16) @60/50/30/25fps
1080p (16:9) @240/200/120/100/60/50/30/25/24fps
5.3K (8:7) @30/25/24fps
5.3K (4:3) @30/25/24fps
5.3K (16:9) @60/50/30/25/24fps
4K (8:7) @60/50fps
4K (4:3) @60/50/30/25/24fps
4K (16:9) @120/100/60/50/30/25/24fps
2.7K (4:3) @120/100/60/50fps
2.7K (16:9) @240/200/120/100/60/50fps
1080p (16:9) @240/200/120/100/60/50/30/25/24fps

ビデオの通常撮影のFPSが一部向上しました。

また、HERO12からアスペクト比9:16が追加となりました。スマートフォン形状の縦のアスペクト比です。

撮影中に変更可能で、撮影がより楽になりました。

HDR Video新搭載

HERO12HERO11
HDRビデオ5.3K (16:9) 30/25/24fps
4K (8:7) 30/25/24fps
4K (16:9) 60/50/30/25/24fps
×

HERO12より新搭載されたHDR VIDEO。

複数の動画を合成し、暗所と明所をコントロールし、白飛びや黒つぶれを減少してより鮮やかな撮影が可能となりました。

HDRVIDEOは4K以上の高画質の撮影で可能です。

写真性能の大きな変化なし

HERO12HERO11
写真最高画素数27.13MP
写真モード標準の写真、バーストフォト、ナイトフォト
写真の出力SuperPhoto、HDR、標準RAW

公式では、SuperPhotoの処理性能が向上したことは取り上げていましたが、新搭載の機能はありませんでした。

HDRphotoはHERO11から搭載されているため、新搭載ではありません。

手振れ機能が向上

HERO12HERO11
手振れ補正HyperSmooth 6.0HyperSmooth 5.0

手振れ機能は毎年向上しており、今年もHyperSmooth6へ進化。

リアルタイムデータ分析性能が4倍に向上、自動ブースト機能も向上し、手振れが強度の場合は自動でクロップ(画像を切り取り)して手振れを減少され安定性を向上しています。

タイムコード同期機能が新搭載

HERO12HERO11
タイムコード同期×

タイムコードシンクロは、複数のカメラのメタデータを同期する機能です。

メタデータの同期により、編集ソフトで、ビデオやオーディオの位置合わせをすばやく簡単に行えます。

GoPro専用アプリのGoPro Quikで同期しQRコードで簡単にシンクロすることができます。

Bluetooth Audio Support 機能新搭載

HERO12HERO11
Bluetoothデバイスの接続×
ボイスコントロール14種のコマンド
11言語 (6つのアクセント含む)

Bluetooth Audio SupportはAirPodsなどのワイヤレスイヤホンと連携し、音声を遠隔で入力することができるようになりました。

また、Bluetoothを通して音声にて電源を入れたり、録画を開始することができます。元よりボイスコントロール機能はありましたが、HERO12はAirPodsを通して音声コントロールできるようになりました。

外観・見た目が殆ど変化なし

HERO12HERO11
寸法・重量
寸法幅71.8x高さ50.8x奥行き33.6(mm)
重量 (カメラ + バッテリー)154g
レンズ口径F2.5
バッテリー低温環境対応Enduroバッテリー付属
マイク3マイク処理
3つのマイク
ステレオオーディオ
WAV形式
前面スクリーン1.4インチカラーLCD
背面スクリーン2.27インチタッチLCD

見た目上の変化は殆どありません。

GoProHERO10から殆ど変化がないため、アクセサリーを併用することが可能です。

性能変化まとめ

・価格は62,800円と前作HERO11の発売時と同様な値段。
処理効率や電源機能の向上によりバッテリー時間が最大2倍。
HDRVideoが新搭載され、暗所と明所の白飛びや黒つぶれを減少。
・手振れ機能が毎年のように向上。
・タイムコード同期機能で複数のGoProを同期し、編集が楽に。
Bluetooth Audio Support機能でワイヤレスイヤホンと連携し、音声を遠隔で入力、ボイスコントロールで電源を入れることや録画を開始することが可能に。
・写真性能の大きな変化なし。
・外観・見た目の変化なし。
 

愛用者の感想

GoProHERO12の良かったポイント

まずはGoProHERO12の発表を聞いて、良い印象を挙げていきます。

〇良かった点

・処理効率や電源機能の向上によりバッテリー時間が最大2倍。
・HDRVideoが新搭載され、暗所と明所の白飛びや黒つぶれを減少。
・Bluetooth Audio Support機能でワイヤレスイヤホンと連携し、音声を遠隔で入力、ボイスコントロールで電源を入れることや録画を開始することが可能。

〇理由

・まずはバッテリー時間が2倍になったこと。これはGoProを使用している人なら分かると思いますが、バッテリーの消耗がかなり激しいのがデメリットでした。時間が伸びたことは単純に嬉しいです。気になる点は特に消耗が大きいのが、寒い場所での消耗。公式では気温が低い環境でのバッテリー時間の向上も挙げていたので、それがどれだけ向上したか気になるところです。

・HDRVideoが新搭載は、正直4K以上しか撮影できないのは、デメリットに感じますが機能として搭載されたことはメリットだと思います。

・Bluetooth Audio Support機能は個人的には一番良かった点だと思います。音声入力ができることはYouTubeなどの配信をしたい方にはおすすめですし、GoPro自体のaudio出力がそこまで良くないことと、遠隔で出力できるのは大きなメリット。また遠隔操作で電源を入れたり、録画を開始できるのは、とても便利だと感じました。

GoProHERO12の残念だった点

次に個人的に残念だった点をいくつか挙げていきます。

〇残念だった点

・外観、見た目に変化なし。
・劇的な性能の変化がなかったこと。
・GoProMAXの後続機の発表なし。

〇理由

・一番残念だった点は、外観・見た目上に大きな変化がなかったことです。GoProは、毎年発売しており毎年のように劇的な変化は現実的ではないのは理解しています。ただ、GoProHERO9以降10~12まで外観に変化が殆ど見られないのは、代わり映えのしない、インパクトに欠けるのが本年です。特に毎年購入しているユーザーとしては寂しかったです。ただ、最近のスマートフォンも大きな変化がないのも現状であり、似たような状況だと感じています。

・二番目には性能面や利便性で大きな変化がなかったことです。バッテリー時間が最大2倍に伸びたことやBluetooth Audio Support機能で利便性が向上したのは良かった点ではありますが、向上してきたGoProの性能の中でここ数年停滞しているように感じていたため、飛躍的な変化が欲しかったのが本音でした。

・GoProMAXの後続機の発表がなかったことです。GoProMAXレンズがHERO11から交換レンズとしてアクセサリーに追加されており、MAXに近い視野角で撮影できるようになったのは利点ではありますが、個人的にはGoProMAX2などの後続機の発表を期待していました。昨年も期待しており、GoProMiniが発売され、別の形でGoProを盛り上げたのは納得できましたが、今年こそはGoProMAXの後続機の期待が大きかった面残念でした。しかし、GoProMAXやMiniは10月に発売しているため、今年の秋に発表があることも期待しています。

GoProの購入を迷っている方におすすめは

GoProを初めて購入する方にはGoProHERO12orHERO11がおすすめ

GoProHERO12の残念な点も挙げましたが、毎年新作が発表される中で当然新しい機種が一番性能として高いです。

そのため、初めて購入する方にはHERO12がおすすめです。

金額的に出費を抑えたい方には、徐々に値下がりしている昨年発表したHERO11もしくはその前作HERO10がおすすめです。

GoProを持っているが買い替えたい方は

GoProを持っているが新しく買い替えは、HERO8以前の機種であれば最新の機種に変えることをお勧めします。

特にGoProはフリマアプリでも大きく価値を落とすわけではないので、古い機種を売って購入しても良いかもしれません。

GoProHERO9以降を持っている方は正直購入しなくても良いかもしれません。明確な変化点が自分の撮影目的に対してメリットとなれば購入しても良いかもしれません。

最新情報をチェックしよう!
>「旅カメラblog」旅とカメラをテーマに素敵な話題を皆様に

「旅カメラblog」旅とカメラをテーマに素敵な話題を皆様に

本ブログは旅とカメラをテーマに楽しく素敵な話題を取り上げていきます。趣味を全力に趣味を楽しく!!