GoPro

GoProをZoom・リモート会議のWebカメラとして使用する方法

コロナウイルスの影響でリモートでの会議がZoomを使用する頻度が増加し、現在では習慣化されました。

GoProは世界中で人気のアクションカメラですが、Zoomなどのリモート会議のWebカメラとしても使用することができます。

そこで今回は、リモート会議で使用する方法とメリット・デメリットについて紹介していきます。

本記事で分かること
  • GoProをリモート会議で使用する方法
  • リモート会議で必要なアクセサリー
  • GoProをリモート会議で使用するメリット・デメリット

GoProをリモート会議で使用する方法

  1. GoProを最新のファームウェアにアップデートする。
  2. GoProウェブカメラアプリをインストールして起動する。
  3. カメラを接続する。

3ステップで簡単に接続することができます。

① GoProを最新のフォームウェアにアップデートする

まず、最初にGoProのアプリ「Quik」を使用するか、手動で最新のフォームウェアにアップデートをします。

② GoProウェブカメラアプリをインストールして起動する

windows.Mac共に、コンピューターにGoProウェブカメラデスクトップユーティリティ をダウンロードしてインストールします。

対応しているには、MacOSv10.14以降、Windows10/11です。

③ カメラを接続する

カメラの電源を入れてtype‐CのUSBケーブルでコンピューターに接続します。

カメラがUSBモードになります。

リモート会議で必要なアクセサリー

●type‐cのUSBケーブル
●ミニ三脚

GoProでのリモート会議を有意義に行うためには、アクセサリーが必要です。

type‐CのUSBケーブル

引用:Amazon

GoProとパソコンを接続するためにはtype‐CのUSBケーブルが必要です。

GoProの配置場所によりますが、ある程度長いUSBケーブルがおすすめです。

ミニ三脚

引用:Amazon

GoProをWebカメラで使用する際には安定させる三脚が必要です。

机の上を広く陣取らないためにも小さいミニ三脚がおすすめです。

GoProをリモート会議で使用するメリット・デメリット

●高性能・高画質

●簡単に画角が変更できる

メリット① 高性能・高画質

パソコン内部に付属しているカメラや安いWebカメラに比べて高性能で高画質な動画を使用することができます。

メリット② 画角を簡単に変更できる


Webカメラとして使用できるGoProのレンズモードには4種類あります。

上の画像のbeforeは一番広角super viewafterは狭角です。挟角はズームする分画質は低下しますが、部屋全体を映したくない場合は選択しましょう。

パソコン内の下のアイコンからレンズモードで設定をすることができます。

●GoProHERO8以降の8.9.10しかWebカメラとして使用できない

●熱暴走で停止する

デメリット① GoProHERO8以降しか使用できない

Webカメラとして使用できるのはGoProHERO8以降のHERO8.HERO9.HERO10しか使用することができません。

そのため、GoProHERO5.6.7やMaxは使用することができないので注意が必要です。

デメリット② 熱暴走で停止する

GoProのデメリットとして熱暴走に弱いことが挙げられます。

連続で長時間使用すると熱暴走でGoProの電源がシャットダウンする恐れがあります。

ファンなどがあれば長時間使用することも可能でしょうが、長時間使用するためには調整が必要です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。