動画編集

【注意】Adobe Creative Cloudの学生・学割プランの2年目は更新したらダメな理由、解決方法

Adobe Creative Cloudの学生・学割プランに加入すると2年目以降、自動更新されます。

Adobe Creative Cloudの学生・学割プランは2年目以降、価格が変わります。

そのため、自動更新をするのはおすすめできません。

自動更新をおすすめできない理由と解決方法について詳しく説明してきます。

本記事で分かること

〇学生プランの初年度と2年目の価格の差

〇解決策、安く購入する方法

結論

Adobe Creative Cloudの学生・学割プランは2年目以降、価格が高くなります。

初年度に比べ2年目は月々1,427円、年間で13,200円も高くなります。

Amazonの学生プランであれば、2年目でも価格を抑えて購入することができます。

結論…

・1年目は公式サイトの学割プランを購入

・自動更新をキャンセル

・2年目はAmazonの学割プランを購入

をおすすめします。

学生、学割プラン・初年度価格

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Travelogue-YouTube-Thumbnail-2021-04-11T235227.113-1024x576.jpg

Adobe Creative Cloudのコンプリートプランが学割価格で購入できるプランです。

プラン年間プラン(月額払い)年間プラン(一括払い)
学割プラン2,178円26,136円
一般コンプリートプラン5,680円65,760円
差額2,178円39,624円
※上の表は初年度の金額

学生・学割プランはコンプリートプランの最大65%OFFで購入することができます。

年間39,624円もお得に購入できす。

一般的なコンプリートプランと全く変わらないサービス内容を格安で購入することができます。

より詳しく初年度の学割プランを知りたい方へ↓

初年度と2年目の価格の差

学生・学割プランの初年度と2年目の価格の差を紹介していきます。

上の画像はAdobe Creative Cloudの学割プランの利用条件です。

大事なのは上から3つ目の項目です。

初年度の12か月間が終わると、プランの変更またはキャンセルを行わない限り、お客様の契約は2年目通常価格の3,278円/月、または、35,760円/年に動的に更新されます。

この文章を要約してまとめると…

・初年度の12か月が終わると自動で更新される

2年目の価格が3,278円/月、35,760円/年に変わる

価格比較

年間プラン(月額払い)年間プラン(一括払い)
初年度2,178円26,136円
2年目3,605円39,336円
差額1,427円13,200円
※税込み価格

初年度に比べ2年目は月々1,427円、年間で13,200円も高くなります。

これが自動更新されます。

Amazonの学割プランなら安く買える

Amazonの学生プランであれば、2年目でも価格を抑えて購入することができます。

年間プラン(月額払い)年間プラン(一括払い)
2年目3,605円39,336円
Amazonなし35,760円
差額3,674円
※税込み価格

Amazonで学生・学割プランを購入すれば3,674円安く購入することができます。

またPrime studentに加入していればその値段から5%安く購入することができます

年間プラン(月額払い)年間プラン(一括払い)
Amazonなし35,760円
Prime Student 5%OFFなし33,972円
差額1,898円
※税込み価格

Adobe Creative Cloudの自動更新を行うより、5,576円安く買うことができます。

Prime Studentは通常月額250円ですが、6か月無料のキャンペーン実施しています。

6か月無料のため、無料で約5000円安く学生プランを購入することができます。

是非、登録をおすすめします。

Prime Studentの登録はこちらから

 

まとめ

Adobe Creative Cloudは

・1年目は公式サイトの学割プランを購入

・自動更新をキャンセル

・2年目はAmazonの学割プランを購入、Prime Studentに加入すれば、よりお得に

購入することをおすすめします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。