カメラ

α7Ⅳ?SONY公式サイトから「A new camera is coming」と「α」新機種ミラーレスカメラ発売の予告

2021年10月18日の午前にSONYの海外公式サイトからミラーレスカメラの『α』シリーズの新機種の発表アナウンスがありました。

公式サイトには「New camera is coming」と新しいカメラが来ます!!との予告でした。

発表は2021年21日に公式サイトや公式のYouTubeから発表があります。

SONYファンからは待望の声が広がっています。

SONY海外サイトから 「A new camera is coming」

2021年10月18日にSONYの公式サイトから『αALPHA』A new camera is comingというページが公開されました。

これは「新しいαシリーズのミラーレスカメラを発売するよ!」という予告です。

発表の日時は公式サイトには10月21日の10時(EDT:米国東部標準時夏時間)、15時(BST:英国夏時間)、22時(SGT:シンガポール時間)の時刻が記載されています。

日本時間の記載はありませんが、日本時間は23時です。

発表は公式サイトとYouTubeのLIVEでプレミアム公開されます。

公式YouTubeでは約2日前から1000いいねと200を超えるコメントが挙がっています。

SONYファンからはかなりの注目度と期待値が高いことが分かります。

『α』シリーズの注目度・期待値が高い理由

SONYのミラーレスカメラはここ5~10年凄まじい勢いで人気や注目度が高まっています。

2020年のミラーレスカメラのシェア率は27.4%と王者のcameraの23.8%を差し置いて国内No1の人気を誇っています。

2021年勢いは留まらず、2021年3月19日にはSONYの最上級モデル「α1」を発売し、9月17日はAPS-C機の新作VLOGCAM ZV-E10Lを発表しました。

価格.com調べでは10月のミラーレスカメラの売り上げ3位にVLOGCAM ZV-E10Lがランクインしました。

そこで今回の本題である『α』シリーズの新作、9月にAPS-C機の初心者・中級者向けのVLOGCAM ZV-E10Lを発売したことでフルサイズのミラーレスカメラが発売されるのではないかと話題になっています。

2021年3月19日にはSONYの最上級モデル「α1」を発売しましたが、あくまで最上級モデルであり、一般ユーザー向けではありませんでした。

そのため、フルサイズの新機種が発売されるのではないか、「それはα7Ⅲの後続機α7Ⅳ」ではないかとYouTubeで期待を込めてコメントしている人が多数います。

α7Ⅲは2018年3月23日に発売され、当時からカメラ性能の高さは話題となり、現在でも人気の機種です。

3年以上後続機が発売されていないため、尚更期待している人も多いのではないでしょうか。

最後にα7シリーズの人気について

最後になぜそこまで『α7』シリーズが人気で後続機に期待しているか簡単に紹介していこうと思います。

そもそも、今から5~10年前までデジタル一眼レフカメラの主流は一眼レフカメラでした。

徐々にミラーレスカメラの小型が人気を出し、研究が進む中で性能も一眼レフカメラに追いつくようになり2020年には一眼レフを抜いてミラーレスカメラの売り上げが一番となりました。

時は戻り、2000頃から「これからはミラーレスカメラの時代だ」と気づき、ミラーレスカメラの研究と生産に力を入れてきました。

2013年には世界で初めてフルサイズのミラーレスカメラの発売に成功しました。

それがα7です。

2018年にはα7Ⅲを発売し、発売当初の値段は24万、安くはありませんでしたが、性能面が評価され絶大的な人気を誇りました。

発売から注文が殺到し、現在でもに人気のある機種です。

α7Ⅲの後続機α7Ⅳが発売されることを期待して10月21日を迎えましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。