カメラ

2021年最新、GoProおすすめ機種と価格や性能を比較


GoProは世界中で人気のアクションカメラです。

世界中にファンがいて、公式YouTubeの登録者は1000万人を超えています。

世界100ヵ国以上で2,600万台を超える売り上げを出しています。

日本国内でも人気は著しく、2021年アクションカメラの国内シェアの70%を占めています。

GoProは毎年9・10月に新作を発売しています。

2021年には9月16日にGoProHERO10 blackが発売されました。

iPhoneのように毎年発売されているため、中々違いが分からないものです。

そこで今回は GoProHERO10blackの性能や値段の基本情報を含め、2021年現在の機種比較とおすすめしたい機種を紹介していきます。

『初めてGoProを買いたい』『専門的な知識がない、どの機種を買っていいか分からない』そんな方でも分かるように基本的な情報から専門的な部分までじっくりと説明していきます。

私もこの記事を書いたとき、どの機種を購入するか悩んでいました。なので自分自身が比較したいためにこの記事を作成しました(笑)

本記事を読んで分かること

●GoProとは!? 特徴

●新作GoProHERO10Blackの性能や価格

●GoProシリーズの比較情報

おすすめのGoProシリーズ機種

GoProとは!?

GoProは小型ビデオカメラでアウトドアスポーツを自ら撮影するために開発されたアクションカメラです。

GoProの創始者である「ニック・ウッドマン」は趣味のサーフィンを高画質で迫力のある映像で撮影したいと思っていました。

そこで、彼自ら開発し始めたのがGoProです。

簡単ではありますが、アクションカメラ・GoProの魅力について紹介していきます。

魅力① 撮影場所を選ばない

GoProなどのアクションカメラの最大の魅力はどんな撮影場所でも適応できることです。

一眼レフやミラーレスカメラにはない防水機能と頑丈さを備えています。

そのため、激しい動きや水中での撮影に向いており、スポーツ撮影にはもってこいのカメラです。

また小型カメラなのでスポーツ時には扱いやすいのも魅力の一つです。

魅力② 高性能手ぶれ補正

GoProでのアクション撮影を可能にしているのはカメラに内臓されている高性能の手ぶれ補正です。

スマートフォンや高性能なカメラであっても、スポーツなどの激しい動きにカメラの手ブレは対応できず、映像に酔ってしまうほどブレブレの動画になるでしょう。

GoProにはHyperSmoothという機能が備わっています。

HyperSmooth機能は協力な安定機能でジンバルのような安定化機能でよりスムーズなビデオ撮影が可能になります。

高性能な手ブレ補正があるので、気にせず簡単に高度な動画が撮影できるのが魅力です。

GoProHERO10ではHyperSmooth4.0へ進化し、より強固な手ブレ機能に進化しました。

魅力③ 幅広いフレームレート

最新作GoPro10のフレームレートは24fps~240fpsと幅広いフレームレートを使用することができます。

アクションに合わせたスローモーション撮影にもしっかりと対応することができます。

【そもそもfpsとは!?】

fpsとは…動画は無数の画像が重なることで数秒、数分の動画になります。fps(フレームレート)とは、1秒間に何枚の画像が構成されているかを表す単位のことです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Travelogue-YouTube-Thumbnail-13-1024x576.png
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Travelogue-YouTube-Thumbnail-14-1024x576.png

fpsが低くければ低いほど、パラパラ漫画のようにカクカクした動画になります。

一般的に映画撮影は24fps、日本のテレビは30fps、120、240fpsはスローモーション動画に使用されることが多く、スポーツやアクションカメラ撮影時に使用されることが多いです。

魅力④ 一人称視点での撮影

一般的な一眼レフやミラーレスカメラなどのカメラでの撮影では三人称視点が基本です。

GoProはカメラを体に装着して両手がフリーな状態で一人称視点での撮影が可能です。

そのため、迫力や臨場感のある撮影ができるのも魅力の一つです。

GoPro HERO10、2021年9月16日に発売

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スクリーンショット-2021-09-15-184813.jpg

GoPro HERO10 Black が2021年9月16日に発売されることが発売されました。

昨年の発売日は2020年9月16日の当日発売だったため、予想してた方も多いかと思います。

過去作の発売日

発売日GoPro
2021年9月16日GoPro HERO10
2020年9月16日GoPro HERO9
2019年10月25日 GoPro max
2019年10月1日GoPro HERO8
2018年9月27日GoPro HERO7
2018年4月2日GoPro HERO 2018
2018年4月2日GoPro fusin
2017年9月29日GoPro HERO6
2016年10月15日GoPro HERO5 session
2016年10月8日GoPro HERO5

HEROシリーズは毎年新作が発売されます。

2019年には360℃撮影が可能なGoProMAXが発売されました。

値段

GoPro現在の公式値段Amazon最安値
GoPro HERO1076,100円(税込)63,000円(税込)
GoPro HERO960,000円(税込)48,499円(税込)
GoPro MAX61,000円(税込)52,000円(税込)
GoPro HERO849,800円(税込)41,000円(税込)
※Amazon価格は2021年10月現在

GoProHERO10からHERO8の現在の値段を表にしました。

GoProHERO10は今年発売したばかりなので公式価格とあまり変動はありません。

GoProHERO9以降は公式、Amazon共に型落ち価格に変動しています。

型落ちを買うのも狙い目かもしれません。

おすすめGoPro機種と比較

2021年現在でおすすめできるGoPro機種を複数紹介していきます。

また最新作のGoProHERO10との比較も行っていきます。

おすすめ① GoProHERO10

GoProHERO10Black
価格63,000円
サイズ 幅 71.8 x 高さ 50.8 x 奥行き 33.6 (mm)
重量 (カメラ + バッテリー) 153g
前面スクリーン1.4 インチカラー LCD (ライブプレビューおよびステータス)
背面タッチスクリーン 有り
プロセッサ GP2
写真23MP + SuperPhoto with HDR
ビデオ5.3K60
100 Mbps ビット レート5.3K / 4K / 2.7K
スローモーション 8x (2.7K, 1080p)
手振れ機能
ビデオ安定化HyperSmooth 4.0
防水性10m

GoProHERO10は2021年9月16日に発売され、現在発売されている機種の中で最新のGoPro。

どのGoProを購入しようか迷っている方にはオススメです。

プロセッサ「GP2」へアップデート

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: roman-spiridonov-FemeYrbdMWE-unsplash-1-1024x680.jpg

GoProHERO10が1番アップグレードしたのはGPプロセッサの変更です。

GoProHERO6から搭載されていた「GP1」プロセッサからHERO10で「GP2」へ進化しました。

「GP2」 へ進化したことにより性能が大幅に向上しました。

例えば…

●動画性能の向上

●静止画像性能の向上

●手振れ補正機能の向上

●暗所のノイズ軽減

●タッチスクリーンの感度性能向上

など、性能全体が底上げされています。

【そもそもプロセッサとは!?】

・プロセッサとはコンピューターの中で、命令を実行する(プロセス)処理装置の総称のことを指します。人間で例えるならば脳、核となり情報を命令・処理する部分です。プロセッサが向上すると命令、処理する能力が向上するため、性能全体が大幅に向上することが多いです。GoProもGP1からGP2に進化したことにより、性能全体の向上に繋がりました。

サイズ・寸法

GoProHERO10はサイズが幅 71.8 x 高さ 50.8 x 奥行き 33.6 (mm) で重量は153ℊです。

サイズはGoProHERO9と全く変化がありません。

そのため、バッテリーやマウントなどのアクセサリーはGoProHERO9と兼用です。

外観もGoProのロゴの数字とカラーが青色に変わった程度です。

GoProHERO9から追加された前面スクリーンや背面タッチスクリーンも変わりませんでした。

重量は5ℊ軽くなっただけなので殆ど変わりないです。

動画性能

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: jordan-opel-kmy3-B_NxqU-unsplash-1024x768.jpg

GoProHERO9は最大5Kの解像度、HERO10は最大5.3Kの解像度までグレードアップしています。

4K動画は狭角、リニア、ホライゾンレベリング、広角は120fps、SuperViewは60fpsの撮影が可能となりました。

2.7K動画は狭角、リニア、ホライゾンレベリング、広角は240fps、SuperViewは120fpsの撮影が可能となりました。

スローモーション撮影は GoProHERO9は1080pHERO10は最大2.7Kまで解像度が向上しました 。

【そもそも4K・5Kとは!?】

よくテレビの画質などので4K、5Kと聞くことがあると思います。そもそも4Kや5Kは画面の解像度を表します。

解像度とは…1インチあたりの画像の密度のこと。

密度が濃ければ濃いほど細かい表現が可能となり、画質が上がります。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Travelogue-YouTube-Thumbnail-2021-10-01T181138.442-1024x576.png


一般的にはフルHD、2K、4K、5Kと段階的に表現されます。

フルHDや2Kは約200万画素、4Kは約800万画素、5Kは約1,500万画素



写真性能

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: jakob-owens-1pQtNowRrgk-unsplash-1024x683.jpg

静止画像の性能はGoProHERO9は20MPGHERO10が23MPで画素数が向上しました。

カメラのセンサーサイズは変更していないため、プロセッサ性能の向上による変化です。

GoPro10の機能まとめ

●最新のGoPro、2021年最高性能。

「GP1」プロセッサから「GP2」へ進化し、性能全体が向上。

「20MP(万画素)」から「23MP」に変更し、写真性能が向上。

● 動画画質は最大5Kから最大5.3Kに向上。

● 4K動画は60fpsから120fps 、 2.7K動画は120fpsから240fpsに向上。より高画質のスローモーション映像の撮影が可能に。

HyperSmooth3.0からHERO10でHyperSmooth4.0に強化され手振れ機能の向上。

レンズカバーの強化と撥水加工の向上

タッチスクリーンの感度や操作性が他の機種に比べ良い。

暗所のノイズを軽減し、動画性能が向上

おすすめ② GoProHERO9

GoProHERO10Black GoProHER9Black
GoPro | World's Most Versatile Cameras | Shop Now & Save
価格64,000円54,000円
サイズ 幅 71.8 x 高さ 50.8 x 奥行き 33.6 (mm) 幅 71.8 x 高さ 50.8 x 奥行き 33.6 (mm)
重量 (カメラ + バッテリー) 153g 158g
前面スクリーン1.4 インチカラー LCD (ライブプレビューおよびステータス)1.4 インチカラー LCD (ライブプレビューおよびステータス)
背面タッチスクリーン 有り 有り
プロセッサ GP2 GP1
写真23MP + SuperPhoto with HDR20 MP + SuperPhoto (HDR 搭載)
動画画質
ビデオ5.3K605K30
100 Mbps ビット レート5.3K / 4K / 2.7K5K / 4K / 2.7K
スローモーション 8x (2.7K, 1080p) 8x (1080p)
手振れ機能 HyperSmooth 4.0 HyperSmooth 3.0
防水性10m10m

GoProHERO9は2020年9月16日に発売され、最新機種であるHERO10の丁度1年前に発売された前機種です。

HERO9が発売され、約1年しか経過していないため、現在でも十分に満足できるおすすめの機種です。

価格

GoPro現在の公式値段Amazon最安値
GoPro HERO1076,100円(税込)63,000円(税込)
GoPro HERO960,000円(税込)48,499円(税込)
※Amazon価格は2021年10月現在

GoProHERO9はGoPro公式で6万、Amazonの最安値では5万円程度とHERO10より15,000円安い値段で購入することができます。

性能面ではHERO10に劣りますが、値段を考慮するとHERO9は魅力的な機種です。

サイズ・寸法

GoProHERO9はサイズが幅 71.8 x 高さ 50.8 x 奥行き 33.6 (mm) で重量は153ℊです。

サイズや外観はGoProHERO10と殆どかわりません。

唯一、ロゴの数字とカラーが違うだけです。

重量はHERO10に比べ5g重いですが、体感では全く分からないでしょう。

HERO8からの一番の変更点は前面スクリーンです。

HERO8には全面スクリーンは搭載されておらず、HERO9から導入された機能です。

前面スクリーンがあることで自撮りの際には録画画面を確認しながら撮影することができます。

HERO10では前面スクリーンの画質が向上しましたが、HERO9でも問題なく確認することができます。

動画性能

GoProHERO9はHERO8の最大4Kから最大5Kの解像度までグレードアップしています。

HERO10の最大5.3Kには劣るものの十分高画質の動画撮影ができます。

手ブレ機能はHyperSmooth3.0が搭載されており、激しい動きにも対応することができます。

写真性能

静止画像の性能はGoProHERO9は20MPHERO9の12MPから大幅にアップグレードされました。

カメラのセンサーサイズは変更していないため、プロセッサ性能の向上による変化です。

GoPro9の機能まとめ

●GoProHERO10の次に新しい機種。

●HERO10には性能面で劣るものの、値段は1万5000円ほど安い。

●HERO10は高いけど、性能にはこだわりたい人にはおすすめの機種。

●HERO9から前面スクリーンを搭載しており、HERO8とも差別化でき、コストパフォーマンスが良い機種。

おすすめ③ GoProHERO8

GoProHERO10Black GoProHER8Black
価格64,000円41,000円
サイズ 幅 71.8 x 高さ 50.8 x 奥行き 33.6 (mm) 幅 66.3 x 高さ 48.6 x 奥行き 33.6 (mm)
重量 (カメラ + バッテリー) 153g 126g
前面スクリーン1.4 インチカラー LCD (ライブプレビューおよびステータス)ステータスのみ対応スクリーン
背面タッチスクリーン 有り 有り
プロセッサ GP2 GP1
写真23MP + SuperPhoto with HDR12 MP + SuperPhoto (HDR 搭載)
動画画質
ビデオ5.3K604K60
100 Mbps ビット レート5.3K / 4K / 2.7K4K / 2.7K
スローモーション 8x (2.7K, 1080p) 8x (1080p)
手振れ機能 HyperSmooth4.0 HyperSmooth2.0
防水性10m10m

GoProHERO9は2019年10月に発売された、最新機種HERO10から2つ前の機種になります。

そのため、性能面ではHERO10に劣る部分が目立ちますが、お値打ち価格で購入することができます。

価格

GoPro現在の公式値段Amazon最安値
GoPro HERO1076,100円(税込)63,000円(税込)
GoPro HERO960,000円(税込)48,499円(税込)
GoPro HERO849,800円(税込)41,000円(税込)
※Amazon価格は2021年10月現在

GoProHERO8は発売されて約2年が経過し、発売当初に比べるとかなり値段が低下しました。

GoPro公式価格は約5万、Amazon最安値は41,000円とHERO9よりも約1万、HRRO10よりも約2万安く購入することができます。

その分、性能面では劣りますが、安くGoProを使用したい方にはおすすめの機種です。

サイズ・寸法

GoProHERO8はサイズが幅 66.3 x 高さ 48.6 x 奥行き 33.6 (mm) で重量は126ℊです。

HERO8はHERO10・9に比べサイズが一回り小さく、30gほど軽いのが特徴です。

GoProHERO10・9のサイズが一回り大きい理由はHERO9から導入された前面スクーンが大きく影響しています。

HERO8は前面スクリーンは搭載されておらず、撮影方法・バッテリー量などが映るステータスのみ対応しているスクリーンしかありません。

使い勝手としてはHERO10・9の方が良いですが、自撮りをそこまでしない方や確認しながらの撮影を求めない方にはサイズが小さく、重量が軽いHERO8がおすすめです。

動画性能

GoProHERO8は最大4Kで、HERO10の最大5.3KやHERO9の最大5Kに比べると少し見劣りします。

しかし、最大4Kもあれば一般的な撮影であれば十分です。

YouTubeなどの動画も最大4Kで一般的にはフルHDが多いです。

手ブレ機能はHyperSmooth2.0が搭載されており、激しい動きにも対応することができます。

写真性能

静止画像の性能はHERO8は12MPでHERO10・9に比べると見劣りします。

個人的にはHERO8での写真撮影運用はおすすめできません。

動画撮影を中心での運用をおすすめします。

GoPro8の機能まとめ

●2019年に発売された、GoProHERO10、9に続く機種。

●発売して約2年が経過したため大幅に値下げされている。

●機能面ではHERO10や9に劣るが、十分な性能はある。

●個人的には写真より動画で活用することをおすすめする機種。

おすすめ④ GoProMAX

GoProHERO10Black GoProMAX
価格64,000円52,000円
サイズ 幅 71.8 x 高さ 50.8 x 奥行き
33.6 (mm)
幅 64 x 高さ 69 x 奥行き25(mm)
重量 (カメラ + バッテリー) 153g 154g
前面スクリーン1.4 インチカラー LCD (ライブプレビューおよびステータス)なし
背面タッチスクリーン 有り 有り
プロセッサ GP2 GP1
写真23MP + SuperPhoto with HDR 16.6 MP の 360 度写真
5.5 MP HERO 写真
動画画質
ビデオ5.3K601440p60 / 1080p60
360°ビデオ撮影時 6K30 / ステッチ後 5.6K30
撮影時 / スティッチ後 3K60
100 Mbps ビット レート5.3K / 4K / 2.7K
スローモーション 8x (2.7K, 1080p) HERO×2
手振れ機能 HyperSmooth4.0 Max HyperSmooth
防水性10m5m

GoProMAXは2019年10月25日に発売された、HEROとは違ったMAXシリーズ。

2つレンズがあり、前面と後面の両方についており360°カメラで撮影するのがGoProMAXの魅力です。

価格

GoPro現在の公式値段Amazon最安値
GoPro HERO1076,100円(税込)63,000円(税込)
GoPro MAX67,000円(税込)52,000円(税込)
※Amazon価格は2021年10月現在

GoProMAXは2019年10月25日に発売され約2年が経過し、大幅に値下げされました。

GoPro公式では67,000円、Amazon最安値は52,000まで低下し、安くなった今が買い時と思う方も少なくないでしょう。

GoProHEROシリーズとは性能が大きく違うため比較することは難しいですが、HERO10とは約1万円の差額です。

サイズ・寸法

GoProMAXはサイズが 幅 64 x 高さ 69 x 奥行き25(mm) で重量は154ℊです。

重さはHERO10とほとんど変わりありませんが、サイズはHERO10が長方形に対して、MAXは正方形です。

また360°カメラを可能としている両面のレンズが搭載されているのが特徴的です。

そのため、前面スクリーンは使用しないため搭載されていません。

動画性能

GoProMAXの最大の特徴は360°レンズです。

360°レンズの最高画質は5.6K30fps、3K60fpsです。

HEROシリーズのような撮影も可能ですが基本的には360°メインでの活用になります。

HEROシリーズでは撮影できない全方向の撮影はGoProMAX唯一無二の魅力です。

写真性能

静止画像の性能は動画同様に360°カメラでの撮影が中心です。

最高画質は16.6MP、360度写真です。

HEROモードでも撮影できますが、最高画質が5.5MPと動画同様に360°カメラでの運用が中心になりそうです。

GoProMAXの機能まとめ

●2019年に発売された、360°撮影できるカメラ。

●発売されて約2年経過しているため、値下げされており360°カメラがほしいなら買い時。

●動画や写真の撮影は基本的に360°での撮影に性能寄せており、HEROモードの性能はかなり劣ってしまう。

●結論360°カメラで殆ど撮影するならGoProMAXがおすすめだが、HEROモードが中心で360°モードも撮影したい場合は検討が必要。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。