カメラ

【比較】フルサイズ用SONY.Eマウント大三元・標準ズームレンズの性能について

SONYのミラーレスカメラはフルサイズとAPS-Cの2種のセンサーサイズのカメラがあり、どちらの機種も人気が高いです。

その中でもフルサイズのα7シリーズは絶大の人気を誇っています。

レンズ交換式カメラを購入した際に大きく悩むのは、どの種類のどのレンズを購入するかではないでしょうか。

レンズの中でも特に汎用性が高いのが標準ズームレンズです。

そこで今回は、レンズの最高峰である「大三元レンズ」に絞ってSONYのフルサイズの標準ズームレンズを比較・紹介していきます。

本記事で分かること

●大三元レンズとは

●SONYのEマウントについて、メーカー

●SONYのフルサイズ用、標準ズームレンズを比較

大三元レンズとは

そもそも大三元レンズとは…

ズームレンズでレンズ全域で開放F2.8通しのレンズ

開放F2.8

F値とはレンズの絞り部分の調節に関わっており、一般的に光の量を調整しています。

F値が小さければ明るくボケ感のある写真や動画を撮影することができます。

特にレンズ全域でF2.8で撮影できるものは最高峰の大三元レンズと言われます。

Eマウントとは

Eマウントレンズとは…

SONYのミラーレス一眼レフカメラのフルサイズ・APS-Cに対応しているマウントです。

レンズの種類には、フルサイズ用とAPS-C用のレンズがあり、フルサイズ用であればAPS-Cに装着しても撮影が可能です。

また、APS-C用もフルサイズのボディでAPS-C撮影に設定すれば撮影可能です。

Eマウント採用のサードパーティー

会社概要
TAMRON埼玉県に本社を置き、一眼レフ、ミラーレスカメラのレンズを製造販売している。
SIGMA神奈川県に本社を置き、多様なレンズを発売している。カメラボディも発売していたが2018年に販売終了した。
Carl Zeiss顕微鏡の光学技術をレンズに搭載しているドイツメーカー。SONYとは連携して数多くのレンズを共同開発している。
Voigtlanderオーストリアで創業し、現在はドイツに移転した光学機器メーカー。1999年以降には交換式レンズの開発も行っている。
トキナー東京に本社を置く、一眼レフやミラーレスカメラの交換レンズを販売している。
サムヤン韓国のデジタルカメラおよびビデオカメラのサードパーティーレンズを製造している。
LAOWA中国の一眼レフ、ミラーレスカメラの交換レンズを数多く製造している。
SIRUI中国のカメラ製造メーカー。主に三脚を製造するカメラ周辺機器からレンズを販売している。
中一光学中国のカメラ製造メーカー。レンズだけでなく、マウントアダプターの開発を行っている。

Eマウントレンズはサードパーティーが多いです。

特にSIGMAやTAMRONなどは数多くのEマウントレンズを販売しており、純正なのかサードパーティーレンズを選ぶのか悩ましいです。

比較、おすすめする大三元・標準ズームレンズ

メーカー商品
SONY純正SEL2470GM
TAMRON
SIGMASIGMA 24-70mm F2.8 DGDN Art

SEL2470GM

引用:Amazon
SEL2470GM
メーカーSONY純正
発売年数2016年

SONY純正のレンズ。最高クラスGMasterレンズ。

TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III VXD G2

引用:Amazon
TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III VXD G2
メーカーTAMRON
発売年数2021年

TAMRONが2021年末に発売した大三元標準ズームレンズの中では最も最新のレンズ。

SIGMA 24-70mm F2.8 DGDN Art

引用:Amazon
SIGMA 24-70mm F2.8 DGDN Art
メーカーSIGMA
発売年数2019年

SIGMAのクラス最高性能大口径レンズ。

比較一覧表

SEL2470GMTAMRON 28-75mm SIGMA 24-70mm
メーカーSONYTAMRONSIGMA
マウントSonyEマウントSonyEマウントSonyEマウント
商売小売価格305,800円(税込)123,200円(税込)148,500円(税込)
Amazon価格247,800円(税込)85,000円(税込)109,000円(税込)
寸法87.6×136㎜75.8×117.6㎜ ‎87.8×124.9㎜
フィルター径82㎜67㎜82㎜
重量886g540g830g
焦点距離24702875‎2470
F値開放F2.8開放F2.8開放F2.8
最小絞りF22F22F22
絞り羽根9枚9枚9枚
円形絞り
最短撮影距離38㎝広角:18㎝
望遠:38㎝
広角:18cm
望遠:38cm
最大撮影倍率0.24倍広角:0.27倍
望遠:0.41倍
広角:0.29倍
望遠:0.45倍
画角広角:84°
望遠:34°
広角:83°
望遠:29°
広角:84°
望遠:34°
赤:高性能 青:性能が劣る

価格

SEL2470GMTAMRON 28-75mm SIGMA 24-70mm
商売小売価格305,800円(税込)123,200円(税込)148,500円(税込)
Amazon価格247,800円(税込)85,000円(税込)109,000円(税込)
赤:高性能 青:性能が劣る

価格はTAMRONが一番安く、次にSIGMA、やはりSONY純正が一番高い値段がします。

寸法・重量

SEL2470GMTAMRON 28-75mm SIGMA 24-70mm
寸法87.6×136㎜75.8×117.6㎜ ‎87.8×124.9㎜
フィルター径82㎜67㎜82㎜
重量886g540g830g
赤:高性能 青:性能が劣る

寸法・重量・フィルター径から軽量でコンパクト化をより意識したTAMRONとフィルター径を大口径して性能面を第一優先としたSONY純正とSIGMAという印象です。

これに関しては使う人が性能かコンパクトさのどちらを優先したいかによって決まり、優劣が着けれません。

焦点距離・F値

SEL2470GMTAMRON 28-75mm SIGMA 24-70mm
焦点距離24702875‎2470
F値開放F2.8開放F2.8開放F2.8
最小絞りF22F22F22
絞り羽根9枚9枚9枚
円形絞り
赤:高性能 青:性能が劣る

焦点距離はSONY純正とSIGMAが24₋70㎜の標準ズームで良く使用される距離、TAMRONが28₋75㎜と珍しい焦点距離。

大三元レンズを選抜して比較しているため、全て開放F2.8通し、絞り羽根も9枚で円形絞りの機能も付属している。

最短撮影距離・画角

SEL2470GMTAMRON 28-75mm SIGMA 24-70mm
最短撮影距離38㎝広角:18㎝
望遠:38㎝
広角:18cm
望遠:38cm
最大撮影倍率0.24倍広角:0.27倍
望遠:0.41倍
広角:0.29倍
望遠:0.45倍
画角広角:84°
望遠:34°
広角:83°
望遠:29°
広角:84°
望遠:34°
赤:高性能 青:性能が劣る

最短撮影距離と最大撮影倍率はSIGMAが僅かにTAMRONより被写体をより近く、ダイナミックに撮影することができます。

画角に関しては殆ど変化はなく、そもそも優劣が着けにくいです。

比較まとめ

比較まとめ

○価格はTAMRONが10万円を切る安さ。

○SONY純正は20万円越えと高いが性能を第一優先に。

○SIGMAは高性能を維持して値段を抑えるコスパが良いレンズ。

○軽くて軽量がTAMRON、性能を第一優先がSONY純正とSIGMA。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。